20,30代のバツイチ女性のエッチ体験記

20代のバツイチ女性「あや」さんの変態男性体験記~会社内でのエッチな体験

投稿日:

 

 

私がある工場でアルバイトをしていたときのことです。私が働いていた工場は結構大きく、車の部品なんかを作っていました。人も多く、全体で150人くらいいます。

私が配属されたところは、男性が20人とおばさんが1人という部署で、若い私が来たことに男性人たちは喜んでいたそうです。男性たちは平均35歳くらいで、アルバイトで行った次の日には「メルアド教えて!!」とかなりの人数から言われました。

正直、あまりかっこいいという方がいず…。

その部署に部品を運んでくる達也さん(仮)がけっこう好みで、自分からアピールしました。早速メルアドをゲットして、その日の夜からずっと連絡をとっていました。

最初は、仕事の相談をしつつ、仲良くなろうという作戦で連絡をとっていたので、すぐにご飯に行くことになり、日に日に仲良くなっていきました。

アルバイトをしてから1カ月くらいがたとうとしていたころ、今日も働いていたら達也さんが来て、「お疲れさま。仕事は順調?」と声をかけてくれました。

ですが、私はわざと「今日はちょっと…だるい…かな」と答えました。

「達也さんと二人になりたいな…。倉庫で少ししゃべりたいです…」と言いました。

すると、「うん!いいよ。んじゃ倉庫に行く?」

そして誰もいない倉庫に二人きり。

達也さん以外、そうそう誰も来ないみたいです。

「ねぇ達也さん…」と私は達也さんのアソコをズボンの上から触りました。

「どうしたの?」と達也さん。

驚きを隠せないようでしたが。ずいぶん溜まっていたのでしょうか。

社服のズボンをおろしたのです。

「舐めてくれる?」

私は、一気に口に入れ吸いつくように舐めました。

口に入れて3分もしないうちに達也さんは射精しました。

「…ごめん…出ちゃった…」と少し恥ずかしそうに

しているのがすごくかわいかったです。

「次は私をイカせて?」

私は自分でズボンを脱ぎ、パンツも脱ぎました。達也さんの目つきが変わり、私のアソコに指を入れて

「濡れてるじゃん。エロ…」

というと、激しく指を動かし始めました。クチュクチュをいやらしい音がし、さらに欲情した達也さんは、指を深く入れてきて、手まで入れてきたのです。

さすがの私も声がでました。

大きい手が中で激しく動いています。

あまり激しく動くので、潮も出てしまいました。

手を入れてから3分くらいで私もイってしまいました。

「もうイッちゃったの?これからもっとぐちゃぐちゃにしてあげるよ」と達也さん。

まるで別人になった達也さんに、私もアソコがヌルヌルでした。

達也さんの顔にまたがり、ク○ニをしてもらい、気持ち良すぎて頭がぼっとしてきました。

クリを舌で刺激されて、私のアソコはぐちゅぐちゅ状態でした。

5分くらいのク○ニでまた私は絶頂に達しました…。

 

疲れ切っている私を達也さんは四つん這いにしました。

するといきなり大きいブツを勢いよく入れてきたのです。

「あああああー」

私も思わず叫んでしまいました。

達也さんのブツはとにかく大きく、私のアソコもキツキツでぐちゅぐちゅとすごい音がするのです。

見た目のさわやかさとは違い、すごい勢いで出し入れをし私の中で射精したのです。

「ちょっと…赤ちゃんできたらどうするの?」と言うと、

アソコに大きい指を入れてきて、中をかき回し始めたのです。

「いや…あん…痛い…」

アソコの中の精子を出そうとしていて、しばらくかき回されました。

痛いやら気持ちいいやら…。

最終的に腕まで入れてきて、失神しそうになりました。それかた社内でエッチすることに燃えてしまった達也さんは、週に1回木曜日に倉庫に私を誘うようになりました。

ひたすら手○ンをし、私を2回イかせたら終わり。

それがだいたい3カ月くらい続きました。

そこの工場のアルバイトは辞めましたが、今でも1カ月に1度は会っています。

達也さんのでっかいブツと、手○ンが気持ちよく辞められないのです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社内体験談

 

私がある工場でアルバイトをしていたときのことです。

私が働いていた工場は結構大きく、車の部品なんかを作っていました。

人も多く、全体で150人くらいいます。

私が配属されたところは、男性が20人とおばさんが1人という部署で、若い私が来たことに男性人たちは喜んでいたそうです。

男性たちは平均35歳くらいで、アルバイトで行った次の日には「メルアド教えて!!」とかなりの人数から言われました。

正直、あまりかっこいいという方がいず…。

その部署に部品を運んでくる達也さん(仮)がけっこう好みで、自分からアピールしました。

早速メルアドをゲットして、その日の夜からずっと連絡をとっていました。

最初は、仕事の相談をしつつ、仲良くなろうという作戦で連絡をとっていたので、すぐにご飯に行くことになり、日に日に仲良くなっていきました。

アルバイトをしてから1カ月くらいがたとうとしていたころ、今日も働いていたら達也さんが来て、「お疲れさま。仕事は順調?」と声をかけてくれました。

ですが、私はわざと「今日はちょっと…だるい…かな」と答えました。

「達也さんと二人になりたいな…。倉庫で少ししゃべりたいです…」と言いました。

すると、「うん!いいよ。んじゃ倉庫に行く?」

そして誰もいない倉庫に二人きり。

達也さん以外、そうそう誰も来ないみたいです。

「ねぇ達也さん…」と私は達也さんのアソコをズボンの上から触りました。

「どうしたの?」と達也さん。

驚きを隠せないようでしたが。ずいぶん溜まっていたのでしょうか。

社服のズボンをおろしたのです。

「舐めてくれる?」

私は、一気に口に入れ吸いつくように舐めました。

口に入れて3分もしないうちに達也さんは射精しました。

「…ごめん…出ちゃった…」と少し恥ずかしそうに

しているのがすごくかわいかったです。

「次は私をイカせて?」

 

私は自分でズボンを脱ぎ、パンツも脱ぎました。

 

達也さんの目つきが変わり、私のアソコに指を入れて

「濡れてるじゃん。エロ…」

というと、激しく指を動かし始めました。

クチュクチュをいやらしい音がし、さらに欲情した達也さんは、指を深く入れてきて、手まで入れてきたのです。

さすがの私も声がでました。

大きい手が中で激しく動いています。

あまり激しく動くので、潮も出てしまいました。

手を入れてから3分くらいで私もイってしまいました。

 

 

「もうイッちゃったの?これからもっとぐちゃぐちゃにしてあげるよ」と達也さん。

まるで別人になった達也さんに、私もアソコがヌルヌルでした。

達也さんの顔にまたがり、ク○ニをしてもらい、気持ち良すぎて頭がぼっとしてきました。

クリを舌で刺激されて、私のアソコはぐちゅぐちゅ状態でした。

5分くらいのク○ニでまた私は絶頂に達しました…。

 

疲れ切っている私を達也さんは四つん這いにしました。

するといきなり大きいブツを勢いよく入れてきたのです。

「あああああー」

私も思わず叫んでしまいました。

達也さんのブツはとにかく大きく、私のアソコもキツキツでぐちゅぐちゅとすごい音がするのです。

見た目のさわやかさとは違い、すごい勢いで出し入れをし私の中で射精したのです。

「ちょっと…赤ちゃんできたらどうするの?」と言うと、

アソコに大きい指を入れてきて、中をかき回し始めたのです。

「いや…あん…痛い…」

アソコの中の精子を出そうとしていて、しばらくかき回されました。

痛いやら気持ちいいやら…。

最終的に腕まで入れてきて、失神しそうになりました。

 

それかた社内でエッチすることに燃えてしまった達也さんは、週に1回木曜日に倉庫に私を誘うようになりました。

ひたすら手○ンをし、私を2回イかせたら終わり。

 

 

 

 

それがだいたい3カ月くらい続きました。

そこの工場のアルバイトは辞めましたが、今でも1カ月に1度は会っています。

達也さんのでっかいブツと、手○ンが気持ちよく辞められないのです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

初心者向け!!この登録順番で出会いサイトは使う!

イルクル

私がハッピーメールの良く利用するのが「イルクル」です。出会い系の中では比較的新しいサイトですが、スマホアプリのインターフェイルが使いやすくすぐに会えそうな女の子が多いサイトですので、ハッピーメールの次はイルクルを利用すればバッチリです。

 

出会い系サイトでポイントを無駄に消費するサクラの存在が少ないのも個々の特徴ですし女の子の写真もきれいですので、一番利用していて、気持ちの良いアプリだと言えます。

イルクルは人気上昇

ハッピーメールバナー

米山元新潟県知事も利用していた出会い系アプリ、ハッピーメールです。あじめて利用する出会い系アプリはコレです!!登録人数もダントツで多いので、以前は私も美味しいい思いをさせていただきました。今まで、出会い系アプリを利用したことのない方は、これから登録すれば間違えはありません。

インターフェイスに使いやすさも個人で好みがありますので、まず最初に使う出会い系アプリは「ハッピーメール」しか無いと思いあます。その後に幾つか登録して自分にあった出会い系を見つけてみてください。<もし、登録済みでしたら次は「イルクル」がおすすめです。

 

ワクワクメール

サイト開設が2001年と老舗サイトです。カップルができた実績が1000万組ということですから会員数十分です。あと、24時間友人で管理しているので、なにかトラブルが合った場合でも、すぐ対応してもらえるのは初心者には安心のシステムです。

-20,30代のバツイチ女性のエッチ体験記

Copyright© 50代、60代の男性が若い女性出会って秘密に遊ぶ方法ー東京編 , 2018 All Rights Reserved.